東北大学 建設材料学研究室  
  Top

 Research

 Members  Events  Site Map  Access

研究テーマ  ◆発表論文リスト  ◆受賞  ◆実験設備  ◆学位論文(卒/修/博)

【発表論文リスト】


セメント硬化体の硫酸による劣化に硫酸濃度が与える影響についての研究

        コンクリート工学年次論文集,291(2007)921-926.

        寺林  明日美納口  恭太朗皆川  久田 

 

模擬脱塩試験に基づく脱塩工法の通電条件選定法に関する研究

        コンクリート工学年次論文集,291(2007)1359-1364.

        田上  孝樹皆川  片野  啓三郎久田 

 

 

コンクリートコア試料による脱塩工法の通電条件選定方法に関する検討

        コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,7(2007)259-264.

        皆川  浩,田上 孝樹,片野 啓三郎,久田 

 

酸性環境下におけるセメント硬化体の劣化進行に関する研究

        土木学会論文集E643(2008)389-399.

        久田 真寺林 明日美皆川 浩納口 恭太朗

 
 

硫酸が作用するセメント硬化体の劣化進行に関する研究

        土木学会論文集E643(2008)449-459.

        久田 真皆川 浩寺林 明日美納口 恭太朗

 

セメント硬化体の硫酸劣化メカニズムに関する基礎的研究

        コンクリート工学年次論文集,301(2008)627-632

        宮本  慎太郎納口  恭太朗皆川  久田 

 

モルタルの電気抵抗率と塩化物イオン拡散係数との関係に関する基礎的研究

        コンクリート工学年次論文集,301(2008)789-794.

        榎原  彩野皆川  久田 

 

硫酸侵食が鉄筋の腐食発生条件に及ぼす影響

        コンクリート工学年次論文集,301(2008)1077-1082.

        納口  恭太朗伊藤  真利子皆川  久田 

 

コンクリート構造物の諸条件が脱塩工法の補修効果に及ぼす影響

        コンクリート工学年次論文集,301(2008)1167-1172.

        片野  啓三郎田上  孝樹皆川  久田 

 

塩化物イオン量および電気抵抗率の平面方向の分布が脱塩工法に及ぼす影響

        コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,8(2008)343-348.

        片野 啓三郎,田上 孝樹,皆川  浩,久田 

 

硫酸のセメント硬化体への作用と浸透に関する一考察

        コンクリート工学年次論文集,311(2009)865-870.

        宮本慎太郎・伊藤真利子・皆川  久田 

 

環境温度がセメント硬化体の硫酸劣化に及ぼす影響に関する基礎的研究

        コンクリート工学年次論文集,311(2009)871-876

        榎本 悠・宮本  慎太郎皆川  浩久田 

 

硫酸侵食による鉄筋コンクリートの劣化に関する基礎的研究

        コンクリート工学年次論文集,311(2009)877-882

        伊藤 真利子・宮本  慎太郎皆川  久田 

 

電極の設置条件が4プローブ法による体積抵抗率の測定結果に及ぼす影響についての

   基礎的研究

        コンクリート工学年次論文集,311(2009)1087-1092

        皆川  ・齊藤 佑貴・榎原 彩野・久田 

断面修復材の電気抵抗率および断面修復面積が脱塩工法に及ぼす影響

        コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,9(2009)215-222.

皆川 浩,田上 孝樹,久田 真

 

コンクリートの電気抵抗率と塩化物イオンの見掛けの拡散係数との関係に関する基礎的研究

        土木学会論文集E661(2010)119-131

        皆川 浩・久田 真・榎原 彩野・齊藤 佑貴・市川 聖芳・井上 浩男

 

国際会議プロシーディングス

CONCRETE BEHAVIOUR DETERIORATED BY CHEMICAL ATTACK REGARDING COARSE

     AGGREGATE

        International Conference on Concrete under Severe Conditions: Environment &

        Loading1(2007)571-578.

        Makoto HISADA, Kyotaro NOHGUCHI, Asumi TERABAYASHI and Hiroshi MINAGAWA

 

INFLUENCES OF CONTENT AND ORIGIN OF CHLORIDE ION ON REPAIRING EFFECT OF

DESALINATION METHOD

        Proceedings of papers of The 3rd ACF International Conference-ACF/VCA 2008 on

Sustainable Concrete Technology and Structures in Local Climate and Environment Conditions(2008)1041-1047

        Hiroshi MINAGAWAMakoto HISADA

 

FUNDAMENTAL STUDY ON INFLUENCE OF POLISHING ACTION ON SULFURIC ACID       

      DETERIORATION OF HARDENED CEMENT

        Proceedings of 4th International Conference on Construction Materials

PerformanceInnovations and Structural Implications2(2009)927-934

        Shintaro MIYAMOTOHiroshi MINAGAWAMakoto HISADA

 

Inspection of PC bridge girders severely damaged in coastal environment

Proceedings of the Tenth International Conference on Structural Safety and Reliability(2009)653-660

        H. Minagawa, Y. Koda and M. Hisada